桐の花文学

快速検索
裸食桐花宴

裸食桐花宴

私は「手」でいろいろなことをするのが好きだ。ちょっと前には、台湾の数ヶ所で実地調査して、無花果を植えようと心を動かされた。温室内のエデンの園のような香りに憧れ、十二月の寒空の下、新鮮な成熟した無花果が採れると夢中になった。 手で種を採り、枝を切り、実を収穫できる。残念ながら手間がかかりすぎ...
桐花観賞の角度

桐花観賞の角度

長年、中部の田舎に定住しているが、たまに用があって外の県や市に行かなければならない時、主な交通手段は、隣町の駅から乗る電車だ。電車に乗る時は、疲れて目を閉じ眠ることもあるが、たいていは窓の外を眺め、遠くや近くに飛んでいく景色に目を凝らす。小さい島の山、河川、平原を巡礼するかのように、旅が楽しい...
粄情

粄情

◎何亭慧(2008.05.13自由時報副刊) ビニールの使い捨て手袋をつけて、わたしは赤い米の塊を縁を厚く、中央を薄く、皿状に握り、緑豆の餡をのせ、口をつまんで餡を包み、適当な形にしていく。木質の押し型は、あらかじめピーナッツ油にしっかりと付けられているが、もう一度軽くつけてから、紅...
天の神は花を惜しまぬと誰が言ったか

天の神は花を惜しまぬと誰が言ったか

◎廖玉蕙(2008.05.13自由時報副刊)   攝影:葉怡君 油桐花よ、なぜ、なかなか咲かないのか。 本来は三、四月に満開になる花なのに、なぜか今年は遅く、アカシアが追いついて、暗く沈んだ黄色が鮮やかな白に雲が徘徊する山の頂上で出会い、互いに微笑み、親密にはためき、台湾油...
桐の花林を抜け炭を運んだ古道

桐の花林を抜け炭を運んだ古道

⊙劉克襄(2008.05.12自由時報副刊)攝影:葉怡君 次第に上っていく赤土の山道は、たくさんの卵石が重ねて敷かれ、鬱蒼とした森の中を、細くくねくねと伸びていく。時に険しい坂を上り、時に暗く湿った谷を下る。このような高尚で美しい山道は、桃竹苗地域の丘陵でもそれほど残っていない。 ...
散落と飄落の間—關於桐花的思維

散落と飄落の間—關於桐花的思維

◎陳健一(2008.05.12自由時報副刊) 攝影:葉怡君 このような情景は忘れられにくい。花の海の中騒がしい山道、白い花に染められて騒がしくなった山壁。 この季節の桐花節について 今回の旅のテーマが桐花観賞であると知った時、心の中には抵抗があった。この抵抗は長い間、自...
桐の花の詩(客家語版)

桐の花の詩(客家語版)

胸いっぱいに緑色の油桐 山頂を埋める白雪の油桐の花 天地草木に情があり人々にもみな情がある 目を細めて笑顔で相親しむ ───李喬───  
桐の花の古道

桐の花の古道

時間がゆっくりと推移する 静寂の苔をまとった石段の上に 陽光は熟練した桐の葉の間を縫って 軽やかに落ちてくる あの頃茶を担いで運んだ人の重い足音が 深く静かな曲がりくねった道の入り口で どれだけ響いてきたのだろう 古道はおど...
只許桐花

只許桐花

雪だけは 私の名を書いても許される 雲だけは 私の声を使っても許される 私の姿は 月の光だけで描けば 見える ただ 私と永遠の命の盟約を結ぶことができるなら 私は彼の五月の新娘になってもよい 山は 躍り狂...
雪の歌声

雪の歌声

十ヶ月をかけ心をこめて準備した 四月五月のためだけに 情熱を込めた公演 あらゆるものが全て登場し 十億もの桐の花が? 同時に大合唱する (その他さまざまな花たちが花を送って祝賀する) 雪の歌声 台北、新竹、苗栗で ...