桐の花文学

快速検索
桐花十四行

桐花十四行

見つけた あの小山の坂を越えようとした時 上を歩いていく人がいるのを 花見しながら大きな声で咳き込んで いいことなのだろう 花に占領されて 別の花となる 或いは 彼は近くを指差し あの窓この窓 異なる蝉が...
桐花が舞い落ちるのを見て

桐花が舞い落ちるのを見て

亜熱帶の島の山村で 油桐の花だけに与えられた春の一場面 盛大で、独特な雪祭 雪の花を開花状態のままにして 溶けにくく 香りに満ちて それから一つまた一つと ゆっくり優雅に落ちてくる 春に舞い降りる広告のように 小道に敷きつめられた潔白...
桐の花の隠れた詩

桐の花の隠れた詩

あちこち探す 伝説の 月光の水際が まぶたの奥に流れる 始終沈黙の山並み 白い霧が瞳の奥に凍りつく 五指で軽く感傷をつまんで カレンダーが壁から落ちる どれだけ思いが散るのか 雪 その純潔な象徴は 夜明けの夢は美し...
油桐の下を行く

油桐の下を行く

沿路の喧嘩 地面の白い花は広告標識 頭をもたげると 空中に綠色の白い花のスタンドライトが群がって 不注意に 白い地面を踏み汚し元の道を戻る 一つ一つ白い花の段は再び修復されていて 頭をもたげ こんなに勤労なのは誰かと見ると そよ風が軽く吹き 油桐の花が額...
美しい雪

美しい雪

幼い頃、竹南に住んでいた。父親はよく連休になると、私を台中の実家にやって休暇を過ごさせた。記憶の中の父は、いつも厳しく眉間にしわを寄せていた。仕事が忙しく、私とはあまり話すこともなかったので、片親だけの家庭で育った私にとって、いつも連休が待ちきれなかった。祖父がおしゃべりに付き合ってくれる時間...
美しい感動

美しい感動

桐花との邂逅は、詩のようにロマンティックな懐かしさがある。 初めて山いっぱいの花の海を見た時の驚きを今でも覚えている。万緑の叢の中で、その白さに驚き、目を離すことができなかった。冬にも見たことのない真っ白い雪が、なぜ晩春に消えないのかと愕然とした。そして最後に、油桐の花が山いっぱ...
油桐花の咲く山林散歩

油桐花の咲く山林散歩

梅雨が始まり 油桐の花の美しさは 枝が揺られて休止符を打ち また一年咲くのを待つ ─── 李敏勇 ───
ある歌

ある歌

ひとかたまりの白い花 風に吹かれて 遠山の白い花がひとつひとつ落ちてくる ─── 席慕蓉 ───
油桐の花

油桐の花

油桐花ってどんな花 見上げてごらん 風に吹かれてゆっくり落ちてくるよ ─── 許景淳 ───
桐花祭

桐花祭

花は白雪の如く 葉は黄土の如く 桐花祭とは原郷と異郷の 祭るのは父と父の年代 ─── 楊樹清 ───