桐の花文学

快速検索
油桐カフェ

油桐カフェ

「四月アカシア五月雪」とは 台湾の林の春のこと あきらかに 油桐は春の花 ───字文正 ───  
油桐為鄰

油桐為鄰

遠山の雲霧が淡淡と油桐花を覆い その煙る雪と交織する美しさ その美しさに驚きながら この山に住むやんちゃなの雪の神を信じたくなる ───呉鈞堯───  
五月雪を見よう

五月雪を見よう

遠山の雲霧が淡淡と油桐花を覆い その煙る雪と交織する美しさ その美しさに驚きながら この山に住むやんちゃなの雪の神を信じたくなる ───高雷娜───  
春五月、白花桐

春五月、白花桐

小道を行き 白い花の地毯に立ち 頭を上げると 瞳いっぱいに春風に促され降りてくる花が 旋回しながら飛んでくる 全身に白い花の雨を浴びる ────愛亜────  
油桐の花の呼び声

油桐の花の呼び声

この季節は油桐の花のもの 緑鮮やかに優雅に湧き出でて 純白の美で この世界をいざなう ────王幼華────  
油桐の花祭

油桐の花祭

油桐花も北台湾の坂にベールを被せ 車で北二高を通る時も人を休ませず 客家人の油桐花として花季を彩り その姿 艶やかで麗しい ────陳若曦────  
聖なる嘴

聖なる嘴

花に咲き 新しく気象を変えて 幾重にも重なる空に 雲か花かも分からぬまま いっぱいに散り落ちる風流さに 「消愁雨」と人は言う ────甘耀明────  
美しすぎて地球じゃないみたい

美しすぎて地球じゃないみたい

突然 五月の風景に 十二月に降りたくも降れぬ恥ずかしがり屋の雪の跡 空気中には春の香りが謎めいて 桐の花は春と冬の混血なのか? ────顏艾琳────  
桐の花の詩

桐の花の詩

三四月に咲く 油桐花が咲く 白雪の如く 八九月には 油桐が落葉する 土の如く黄色く 父がいた頃は 山中に桐の種をまき 商人に実を売った 父が去ってから 山中に桐の花が咲き 詩人が花を惜しんだ ───范文芳───  
油桐の花

油桐の花

油桐の花が白く咲く 毎年白雪のように咲き よい季節を迎える ────葉日松────