桐の花文学

快速検索
桐の花の詩

桐の花の詩

胸いっぱいの油桐の緑 山を軽く抱いた油桐の白 天地に情あり 草木に情あり 深い情で 凝視して 微笑みあって相迎う ───李喬───  
花の情

花の情

【花見】 ⊙雷驤上海出身、台北師範芸術科卒業。作家、画家及びドキュメンタリーフィルム製作者。著作に《行旅畫帖》など三十作近い小説、散文がある。中国時報小説推薦賞、金鼎賞受賞。 チチチという泣き声がして、枝で小さい鳥が鳴いているのが見えた。鳥は力いっぱい尻尾を広げ、細かく震え...
山居の夢

山居の夢

【民宿】 ⊙陳雪中央大学中文学部卒。著作に旅行記《ストレンジャーしか愛さない》、小説《悪女の書》、《悪魔の娘》、《愛情酒店》、《鬼の手》、《橋の上の子供》等。性別を議題とした作品で、情欲を描いて注目を浴びた。 彼らは自分の夢を他の人と分かち合って楽しんでいた。今回民宿に泊ま...
「窯」から一変

「窯」から一変

【文化産業】 ⊙鍾文音淡江大学メディア学部卒、ニューヨーク学生芸術連盟で2年間油絵を学ぶ。聯合文学小説新人賞、聯合報文学賞、中国時報、長栄、華航旅行文学賞など多数の重要文学賞受賞(1997-2000)。 山中の町を行くと、喜びの中に少しずつ憂いを感じる。しかし、今回の経験で...
無賴漢

無賴漢

楼の主は客人であり、客家人である。アシェンは、六歳で父も母も亡くし、十六歳までは兄と苗栗の村で暮らしていたが、十六歳には、一般人のように学校で勉強を続けられず、北上し働き始めた。彼はこれまでさまざまな仕事をしてきた。店の歌手として歌っていたこともある。給料もでない日々もあった。十五年前、彼は都...
桐花按靚

桐花按靚

短期間の山村留学の後、あの小学生の一家は引っ越してしまい、再び会う事はなかった。それから、私はアカシアの林の中、雨のように降ってきた白い花が油桐という名で、最も一般的な広東油桐ということを知った。あっという間に二十年の月日が流れ、台湾の山林は次第に後退し、私はさらに遠い山奥へ入っていった。あの...