渡南古道

渡南古道

樟之細道の中で、初めて【手作り歩道】工法で修復された古道です。古道の入口が、上流の「渡船頭橋」と下流の「南山大橋」とにあるため「渡南古道」と名付けられました。歩道は全長約600m で、伝統的な工法で古道を敷き直して昔の姿を保存しています。鳳山渓脇の堤と水田、そして緑濃い山の中を散策しているときに、ふとアブラギリの花びらが舞うさまは、緑深い山に彩りを添えます。

景観スポットのアルバム

桐の花トラベル電子地図

地圖塞這1

桐の花トラベル電子地図

付近の散策